吐き出すことの大切さ

新人看護師にとって、業務になれる前に辞めたくて仕方がないと思うことが毎日毎日積もるようにして増えていくのは辛い状況です。しかし、実はそうした状況に陥ることの無い人などほとんどいません。
また、転職した看護師にとっても同じことが言えます。それまでのキャリアはさておき、その職場では新しい人であることに代わりは無いからです。
経験者としてのスキルと新人としての振る舞いを要求されるジレンマ。これはなかなかにしんどいものです。
日々の業務や人間関係の中で少しずつストレスが積み重なり、毎日胸を締め付けられるような苦しさを感じる人も少なくありません。そのような状況ではうつ病になってしまいかねません。
こうした場合、短絡的に離職を選びたくなるのですが、それは賢い方法ではありません。すぐに転職先が見つかるようなものではありませんし、そうしたストレスから逃げてしまうだけでは今後も同じような状況が続くことが予想される看護師の世界で仕事を続けることができなくなります。
また、そうした形で看護師として働くのを辞めて別の仕事を探そうにも、大小の違いこそあれ似たような状況にある職場は看護師の職場以外にもたくさんあります。
そこで、何らかの形で良いストレスの吐き出し方を見つけることが重要です。例えば、長い休みを取ってゆっくり休養することを考えてみてはいかがでしょうか。
仕事を辞めるにしても続けるにしても、まずは外から自分の様子を見てみることが大事です。冷静に自分を見つめることができる時間を作りましょう。
また、職場にいっしょに仕事に励むことのできる仲間を作ることも重要です。たとえ辛いことがあっても、いっしょに頑張っていける仲間を作ることができれば時に励ましあい、時には叱咤しつつお互いに成長できる仲間。そうした人を一人でも作ることができれば、辛いことも互いに共有でき、それをいっしょに乗り越えることによって看護師としても人間的にも大きく成長できるはずです。
究極の方法があります。それは傷つくような言葉は聞き流すことです。患者さんであっても同僚や先輩、医師などの他の医療スタッフからも、時として酷く心をえぐる言葉を投げかけられることも少なくありません。
そうした時に、その言葉についていつまでも自分で抱え込むことなくスルーして、言葉そのものではなく言われたことについて大切なものを探しだすことを考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です